栗林公園

この間栗林公園に行ってきました
f0183722_207895.jpg
f0183722_2073445.jpg

香川県高松市にあります!
松が有名です。
f0183722_2094376.jpg

三重の塔がありました。なかなか年数がたっているのでは?
f0183722_2012506.jpg

すごい形の木です!
f0183722_20153951.jpg

いいですね~
f0183722_2017515.jpg

f0183722_20183921.jpg

すごく心が休まるいいところでした。
休日に是非!!
[PR]

# by tokan-en-namera | 2009-08-24 20:23

中国

8月17、18、19と中国に行ってました。
  
板石や延石を製造してる工場に行きました。
f0183722_21292931.jpg

工場を見学してみて感じたのは板石や延石が日本に出荷されるまでにすごい手間がかかってるなって実際行ってみてすごく感じました。
でかい原石!
f0183722_21374366.jpg

ノミ切仕上をしてる職人!
f0183722_21423458.jpg

中国人は技術はすごくあると思うが、たまに手をぬいたり適当になってしまう部分がある。
これは国民性の違いだと通訳の方が言ってました。作業してるところを実際に拝見したらそういう部分がみえました!
f0183722_21504676.jpg

衝撃的な作業風景!
f0183722_21553569.jpg

f0183722_21591517.jpg

f0183722_2203447.jpg

中国4千年の歴史!
f0183722_2235249.jpg

中国のリフト!
f0183722_225513.jpg

初めて見た乗り物!
f0183722_225523.jpg

中国に来て感じたのは生活スタイルや考え方が日本人とまったく違う、そのなかでビジネスをするのはすごい大変な事。そのなかで輸出入がうまくいけばすごい価値があると思いました。勉強になりました。
[PR]

# by tokan-en-namera | 2009-08-19 22:18

布泉 手水鉢

布泉手水鉢 本型
f0183722_1651584.jpg

 
京都大徳寺塔頭孤篷庵山雲床露地にある布泉手水鉢。

布泉の文字を陽刻し、中国の古銭をあらわしたもので、周書に『鋳銭文曰布泉』
とあり、布は行なうこと、泉は蔵するの意味をあらわすものといわれ、
石質は朝鮮系のものです。

勿論あります、都乾園に... 布泉手水鉢 写し
f0183722_16294217.jpg


いい感じにサビテマス!

f0183722_16381082.jpg

茶人好みです。
[PR]

# by tokan-en-namera | 2009-07-25 16:43

わらべ灯篭

わらべ灯篭


f0183722_17362412.jpg
所在地 京都市右京区龍安寺御陵ノ下町11

重文(そのうち)

この灯篭は
「子供の様に優しくそして柔らかい」をテーマに造られました

北山都乾園には約1200基の石灯籠と約1080石の手水鉢があるといわれています
その中でもひときわ
輝いている灯篭が
わらべ灯篭です
これは鎌倉時代以後のものでわずか1基しかありません

特徴は
全て(丸)です
笠幅が約4尺と大きく力強い意匠です
笠は蕨手のない意匠です



これを造った芸術家H氏
f0183722_17434544.jpg

「この灯篭は見た目は大きいが
  坪庭等小さい空間の中でも
   十分生きていける強さがある」

そう語っていました




そして最後に
「一言で言ってしまうと
  

  プロ好みかな・・・・?




                                                          だ、そうです
[PR]

# by tokan-en-namera | 2009-07-14 17:43 | 台付燈籠

柚ノ木型灯篭

柚ノ木灯篭 本歌
f0183722_1634269.jpg

寸法 約182センチ(約6尺)

所在地 奈良県奈良市春日大社宝物殿内

時代 重文 平安後期

名前の由来は若宮社の南の柚ノ木の下にあったのでこの名称が付けられました。
春日大社には約1500基の石灯籠があるといわれていますが、鎌倉時代以前のものはわずか2基です。
本歌はその内の1基で春日大社で最も古いもので、現在宝物館に移され保護されています。
中台以上が八角で基壇が六角です。
基壇の側面は一区画に格狭間を作り、力強い意匠です。
上部は複弁の反花を付けて美しく、竿は円柱で上中下三節には程良いしまりが感じられます。
中台の下部は八角の隅ごとに大きい単花があり、その間の小花の先を切り取っています。
笠は蕨手のない意匠です。
軒は薄く美しい反りをみせ、屋根の各隅には降棟を陽刻しています

柚ノ木型灯篭 写し
f0183722_1692986.jpg


所在地 北山都乾園北側置場内

時代 昭和後期




柚うよねぇ~~
[PR]

# by tokan-en-namera | 2009-07-09 16:19 | 台付燈籠